ピーカンとは?/日焼け用語集

日焼けチャンネルトップ 日焼けの方法 日焼け用語集



ピーカンとは?

ピーカンな海

概要

ピーカンとは快晴のことを言います。空に雲がほとんどない天気のことです。

正確には、空に広がっている雲の量を目視で判断して、雲の割合が1割以下の場合は快晴、すなわちピーカンということになります。

日本では、夏に太平洋高気圧の勢力範囲に収まった場合や、冬季に西高東低の気圧配置が緩み、大陸の高気圧が張り出してきた時によく生じます。

 

「ピーカン」という言葉の語源

昭和時代に生まれた言葉とされており、正確な語源は定かではありませんが、3つ有力な説があります。

1つは、もともと映画業界が撮影の時に使っていた言葉という説です。
快晴の日はカメラのピント合わせが多少曖昧でも完全に合うことから「ピントが完全」を略した言葉という説。

2つ目は、単純に太陽の光が「ピーンと届いてカンカン照り」を略した言葉という説。

3つ目は、快晴の空がタバコのピース缶の色に似ていたという説。

日焼けとピーカンの関係

日焼けとピーカン

日焼けをする際に、効率的なのはより多くの紫外線が自分の肌まで届くことであります。

そういった意味では、障害となる雲が少なければ少ないほど日焼けに適した天気となります。

なので、
「ピーカン=日焼け日和・天サロ日和」
と言えるでしょう。

なお、ピーカンの日には大変強い紫外線が降り注いでいるので、肌が白い人や皮膚が弱い人がいきなり日焼けを楽しむのは危険です。

美しく日焼けするための知識はこちらから

ピカ男フレンズ募集中でぇ〜す!!

激アツな情報を配信中〜♪ぜひ追加してみてくださぁい↑

友だち追加
ピカ男 いいね!と思ったらシェアよろしくでぇ〜す!
ピカ男
気に入ったらいいね!しちゃいまショータイム!!

日焼けチャンネルの最新情報をお届けしちゃいまぁ〜す!

激アツな記事総合ランキング