サンオイルとは?/日焼け用語集

日焼けチャンネルトップ 日焼けの方法 日焼け用語集



サンオイルとは?

サンオイル

概要

美しく日焼けするための化粧品であります。太陽光線中の紫外線を吸収して、肌を傷めない効果があります。

勘違いされやすのですが、実はサンオイルは日焼けを促進するものではなくて、日焼け止めの一種で、日焼けによって起こるヤケド状態を防ぐために使うものです。

サンオイルの効果

サンオイルの効果

サンオイルは日焼け止めの一種なので、日焼け止めと同じようにSPFやPAと言うものがパッケージに記載されています。

SPFは日焼け止めとしての強さ(やけどを防ぐ強さ)で、PAは皮膚が黒くなるのを防ぐ強さを表しています。

サンオイルは、このSPFやPAらの数値を抑え、皮膚のダメージを少なくしつつ、肌は黒くなるように調整されています。

人が日焼けする仕組みについてはこちらから

サンオイルの使い方

サンオイルの使用方法

全身ムラなく塗りましょう。
背中など自分の手の届かない所は他の人に手伝ってもらいましょう。
またスプレータイプのサンオイルもあるので、1人で天サロをする際にはそちらがあると安心です。

真夏の天サロは非常に汗をかくので、サンオイルも流されてしまいます。小まめな休憩とともにサンオイルを塗り直して日焼けを楽しみましょう。
もちろん、海やプールでは水浴びをした際にサンオイルが流れてしまいます。都度、塗り直す必要があります。

注意したいのが、サンオイルを塗ったからといって確実にヤケド状態にならないわけではありません。
最初のうちは、30〜40分おきに休憩を取り、皮膚の状況を確認しましょう。ヒリヒリしたり、赤くなっていたりする場合は、その日の日焼けは終わりにした方が良いかもしれません。

サンオイルの選び方

様々な種類のサンオイルが販売されていますが、自分の肌の色と相談して選ぶ必要があります。

色白の人は弱めの日焼け止めから挑戦しましょう。
やや軽めのSPF15くらいから使い始め、回数を重ねるごとにSPFの数字を減らしていくと少しずつ色が入ります
いきなり、黒くしようとするのではなく、下地を作ってから本格的に日焼けをしていくのが皮膚へのダメージも軽減されます。

SPF0〜2は上級者向けになります。
サンオイルを見ていると、SPFが0のものもあります。こちらは下地が出来ていて、日焼け上級者向けの商品になります。
色白の人がいきなりこちらに挑戦すると、日焼けによってヤケドをするので避けましょう。

自分の肌に合ったサンオイルを選ぶことが、美しく日焼けした黒肌への道具になります。
黒くなりたいからと言って、いきなりSPFが0の強力なサンオイルを選ぶのではなく、段階を踏んでいくことが重要になります。

サンオイルのまとめに関してはこちらから

 

 

ピカ男フレンズ募集中でぇ〜す!!

激アツな情報を配信中〜♪ぜひ追加してみてくださぁい↑

友だち追加
ピカ男 いいね!と思ったらシェアよろしくでぇ〜す!
ピカ男
気に入ったらいいね!しちゃいまショータイム!!

日焼けチャンネルの最新情報をお届けしちゃいまぁ〜す!

激アツな記事総合ランキング