色が入るとは?/日焼け用語集

日焼けチャンネルトップ 日焼けの方法 日焼け用語集



色が入るとは?

日焼けした男性

概要

肌が光に慣れて下地が出来てから、本格的に日焼けをして肌が黒くなること。

「肌が黒くなる=色が入る」と考えるとわかりやすでしょう。

色を入れるために下地を作る

日サロに入る女性

そもそも上手な日焼けの方法としては、まず下地というベースを作り上げ、そこから自分好みの肌色に日焼けするのが好ましいとされています。

自分の肌質にもよりますが、いきなり長時間日焼けをしてしまうと皮膚に負担がかかってしまい、赤くなり、痛くなってしまいます。これは、皮膚がヤケドしている状態です。

最初は肌を光に慣らしていくことが必要です。
短い時間(15〜30分)日焼けをこまめに繰り返して、下地を作りましょう。

下地を作る際には、日焼けサロンでも天サロでも可能ですが、天サロによる太陽の光は強烈なので慣れていない人は避けた方がよいでしょう。まずは日焼けサロンの弱いマシーンを繰り返し利用していくのがよいでしょう。

肌質により個人差がありますが、短い時間(15〜30分)での日焼けを3回ほど繰り返せば、下地は完成します。

色の入れ方

天サロ

下地が出来たら、色を入れていきます。

自分がなりたい色に向けて、日焼けする時間を調節していきます。自分の肌と相談しながら日焼けする時間を決めます。ココが1番難しいポイントになります。

小まめに休憩を取り、自分の皮膚の状態を確認していきましょう。

短すぎても色は入りませんし、長すぎると日焼け後に赤くなり皮膚がヤケド状態になってしまいます。

短すぎず長すぎずの時間で日焼けをして色を入れていきましょう。

ピカ男フレンズ募集中でぇ〜す!!

激アツな情報を配信中〜♪ぜひ追加してみてくださぁい↑

友だち追加
ピカ男 いいね!と思ったらシェアよろしくでぇ〜す!
ピカ男
気に入ったらいいね!しちゃいまショータイム!!

日焼けチャンネルの最新情報をお届けしちゃいまぁ〜す!

激アツな記事総合ランキング