天サロとは?/日焼け用語集

日焼けチャンネルトップ 日焼けの方法 日焼け用語集



天サロとは?

天サロをするカップル

概説

天サロ(てんサロ)は、太陽の光である紫外線を肌に当てて黒くする行為のことをいいます。

語源は正確には把握できていませんが、天然サロンの略が「天サロ」となって普及しているのではないでしょうか。
日サロ(日焼けサロン)をもじって、人工的に光を浴びる日サロに対して、天然に光を浴びる行為を「天サロ」と言っています。

天サロをする人の属性

日焼けを楽しむ若者

当たり前ではありますが、日焼けを好む人が天サロをする傾向にあります。

「天サロ」という言葉自体を使用するのは10代〜30代前半と比較的若者ですが、天サロという行為自体をするのは老若男女問わず幅広い人々たちです。
天サロという言葉を知らない中高年の人々でも天サロをしている人は多くいます。

また、語源として推測されている説でもあるように、日サロをもじった言葉なので、通常は日サロ(日焼けサロン)に通っている人々が使用する傾向があります。

天サロに適した場所

天サロ

天サロを実行する場所としては、シーンに応じて様々なパターンがあります。

基本的に、天サロに適した場所として共通しているのは、「日当たりの良い場所(日陰にならない場所)」「服を脱げる場所(人目を気にせず服を脱げる場所)」などの条件が挙げられます。

実際によく天サロが行なわれている場所の例として、

  1. 自宅や学校・オフィスの屋上や庭で行う
  2. 近くの公園で行う
  3. 海の砂浜で行う
  4. プールサイドで行う
  5. 河原で行う

屋上や庭といった自宅で気軽に日焼けを楽しむパターン。
自宅付近の公園でレジャーシートを敷いて日焼けを楽しむパターン。
海まで出かけて、ゆっくり波の音を聞きながら日焼けを楽しむパターン。
プールサイドで日焼けを楽しみ、暑くなったらいつでも水を浴びられるパターン。
近くの河原へ出かけて人目を気にせず日焼けを楽しむパターン。

と人それぞれです。

天サロスポットのご紹介はこちらから

天サロに適した時間

天サロに適した時間

出典 http://img-cdn.jg.jugem.jp

朝の10時から昼の14時までが非常に強い紫外線が降り注いでいます。したがって、この間の時間で天サロを行えば、非常に効率的に日焼けができます。

しかし、日焼け慣れをしていない人や皮膚が弱い人はこの時間帯を避けて弱い紫外線から少しずつ慣らしていった方が良いでしょう。

天サロすべき時間帯について、詳しくはこちらから

天サロをする方法

さんオイル

日当たりの良い場所を見つけて、天サロを行います。

この時注意しなければならないのは、決して直接太陽の光である紫外線を浴びないでください。いわゆる「素焼き」と呼ばれる日焼けは避けましょう。

直接紫外線を浴びるのは、非常に皮膚に良くありません。巷でよく心配されている「シミ」や「シワ」の元になります。

必ずサンオイルを塗って日焼けを楽しむことが、健康的で美しい日焼けした黒肌を手に入れるための方法です。

また、天サロ後のアフターケアも怠らないようにすることが大切です。

サンオイルの種類についてはこちらから

アフターケアについてはこちらから

ピカ男フレンズ募集中でぇ〜す!!

激アツな情報を配信中〜♪ぜひ追加してみてくださぁい↑

友だち追加
ピカ男 いいね!と思ったらシェアよろしくでぇ〜す!
ピカ男
気に入ったらいいね!しちゃいまショータイム!!

日焼けチャンネルの最新情報をお届けしちゃいまぁ〜す!

激アツな記事総合ランキング